メールのヘッダの見方

メールヘッダーとは?

手紙を送る場合を考えてみると、便箋に本文を書いただけでは相手に届けることはできません。
封筒を用意して、差出人と宛名を書き、切手を貼ってポストに投函するという手順が必要です。
それが相手に届けば、消印からどこの郵便局で何月何日に取り扱われたかが分かるようになっています。
仮に差出人名を偽っても、消印から本当の差出人を突き止められる場合もあります。
電子メールも同様で、本文だけでは相手に届きません。普段はあまり気にしていないかも知れませんが、メールサーバが相手に届けるために“メールヘッダ”と呼ばれる種々の情報が付加されています。
ここには、差出人や受取人のメールアドレス、送信した時刻、送信に利用したメールサーバやプロバイダ名、経由したサーバ、届いた時刻、利用しているメールソフト名などが書かれています。

まぐまぐでは、メールマガジンが複数送られてくる等のトラブルが発生したときに原因を突き止めるため、読者の方々に問題のメールマガジンと共にメールヘッダを送ってもらうようお願いするときがあります。
また、最初からメールヘッダをつけてお問い合わせくだされば、早く解決することが可能になります。

以下からお使いのメーラーをクリックしてください。
Windows
Mac
Web Mail