どんな内容のメルマガでも発行できますか

メールマガジン発行者登録規約
無料メールマガジン発行規約(無料メルマガを発行される方)
有料メールマガジン発行規約(有料メルマガを発行される方)
など、

規約を遵守いただくことを条件に、メルマガを発行できます。
発行申請していただく前に、以下の項目に該当していないかご確認ください。

発行承認された後、以下の項目に該当した場合には、発行停止措置となる場合が
ありますのでご注意ください。

◆読者さんを限定していませんか
 「女性限定」「学生限定」「会員のみ」といったメルマガは発行できません。

◆自身が発行しているメールマガジンと同じ、または酷似していませんか
 ただし、メルマガ形式が異なれば発行することができます。

◆すでに発行されている他のメールマガジンと同じ、または紛らわしくありませんか
 以前に発行されていたメルマガが、半年以上発行されていないために停止扱いになっているケースがあります。古いメルマガを廃刊したうえで、改めて申請いただくか、古いメルマガを復刊して発行してください。

◆著しく広告掲載が多くありませんか
 アフィリエイトや紹介ポイントなど、発行者自身が利益を得るような広告がメインの内容では発行できません。

◆読み物として十分な内容がありますか
 Webサイトやブログの更新情報、あいさつやWebサイトへの誘導が主体になっていてメルマガの内容が十分でないものは発行できません。

◆宗教の勧誘、布教を目的としていませんか

◆ねずみ講、マルチ商法(MLM、連鎖販売取引)、違法性・反社会性の高いネットワークビジネスに関連する内容ではありませんか

◆紹介しているビジネスの具体的な業務内容または販売商品等が明記されていますか
 メールや専用URLから資料請求等をしなければ、ビジネス詳細が分からないようなものは発行できません。

◆いわゆる“アダルト”関連(アダルト関連リンクを含む)、アダルト物品販売、わいせつな表現を含んでいませんか
 性表現や性描写を中心とした図画・写真・文章を含んでいる場合には発行できません。

◆他人の名誉または信用を毀損または他人を誹謗中傷する内容ではありませんか

◆他人の著作権、商標権等の知的財産権を侵害している、またはそのおそれはありませんか
 発行者は、書籍・雑誌・新聞等の出版物や各種Webサイトに掲載されている記事を使用する場合は、事前に著作権者の許諾を得る必要があります。

◆違法行為や反社会的行為を行っている、または助長するおそれはありませんか

関連ヘルプ